ΔΙΟ© Ryo Ogawa

Skip to content

【感想文 ver.おがわ】We are God〜子供帝国の逆襲〜

「りょーちん最近性格変わったね。」

「え!なんで?」

「なんか前より派手になったから。」

「それ、性格なの?見た目じゃない?ってか髪の毛じゃない?」

「・・・。」

小学生と他愛もない会話をしております。
みなさんこんにちは。今日も管理人おがわりょうです。

見た目が変わると中身も変わるのか〜確かにそう言われてみれば服装やパンツで気分も変わるもんね。
とても敏感で鋭い小学生に天晴。

今日のテーマは、

【感想文 ver.おがわ】We are God〜子供帝国の逆襲〜

3月毎週末主催していたイベントが無事終了したので(残務はまだありますが)、
さらっと感想文を書こうとおもいます。

manji

Part.1 イベント好き

久しぶり(3年ぶり)、、、に大きなイベントというか、
長いスパン時間をかけて作り上げていくタイプのイベントに携わりました。
僕が携わったのは[2014/1/15]。発起人のミネトはも〜っと長い時間かけていましたが、
それを電信柱の陰に隠れながら見ていたぼくをある日「りょう、一緒にやらない?」と誘ってくれました。

一つ返事で「OK」のサイン。

社会の仕組みや金融システム、食べ物のことや環境のこと、どれも外皮の部分ぐらいは知っていたので、
「どうしよか・・・」と足を動かせずにいたぼくにはうってつけの場でした。

そして、じつは無類のイベント好き。

個人プレーをあまり好まない性格なので、だれかと時間を共に過ごし、一つの道を造り上げていく。
面倒も色々あるけど総じて愉しいです。言わずもがな今回も愉しかった。

居酒屋で語らう友人もいいけれど、やぱり経験をともにした友人とは何にも変えられないポジティブな波長がそこに生まれる気がする。これもイベント企画の大きな醍醐味。

そして、30日すべての企画が終了した時のビールの味は”麦のコク”を超えたなんとも深みのあるものでした。
この味を覚えてしまったら〜癖になるんです。

Part.2 エネルギー

ビールの味はさておき、もう少し芯の部分に内容をスライドしたいと思います。

今回のイベントを通し、たくさんのゲストの方々とやりとり(関わる)をすることができました。
今の自分では到底及ばない先人たちを迎える準備をしたり、メールをしたり、当日握手をかわしたり。
本当によい経験となりました。

kay

もちろんお話(講演)も聞きました。
が、正直話の内容は細かく覚えていません。(笑)

もちろん話の内容も大事ですが、それよりもリアル(face to face)で大切なのは「感じる」こと。
ステージ上ではどんな雰囲気なのか、身振り手振り話し方、オーラ(あんまり見えないけど)、熱、呼吸、etc…
これらをキャッチすることが一番の目的でした。

一言でまとめれば、「かっこよかった」という拙い感想文のようですが、この一言に集約されます。
「憧れか?」と問われるといまいちピンと来ないけども、未来の自分の姿をぼんやりと投影することができました。

かくさん

あ〜こんな顔つき・表情・声のトーン・オーラね(ニヤニヤ)、と。

nakajimaさん

多くの先人たちのエネルギーに触れることができたとても貴重な一ヶ月でした。プラクティスプラクティス。

Part.3 世界平和

今回のイベントのテーマ、ARTEの目指すべくはずばり「世界平和」です。

「え?世界って平和じゃないの?ぼくの周りを見渡す限りでは、、、平和だけどな?」
そう思う人もいるでしょう。それはそれで間違ってはいない。
今日もどこかで腹が減って息途絶えた人がいる。
この国にも15分に一人自ら命を絶つ人がいる。

では、69億人すべての人間が「平和」に暮らせることが「世界平和」なのか?

(壮大になってきた!!)

否、そればかりでない。
森羅万象、すべての生き物が「平和」に暮らせることが「世界平和」ではないか。

核や人を殺す武器のない、利子や搾取、人工削減のない世界。
皆の心に分け与える程の愛と尊重がある世界。

そんな夢みたいな世界を本当につくろうとしている。

鼻で笑う奴の心もしっかりキャッチするからね、と。

気付いた。

「世界平和」

明日そうだったらいいのに。

でもそんなすぐにできるもんじゃない。

でも、ぼくらにできないことじゃない。他のだれかがやってくれると思ったら大間違い。

明日は無理かもしれないけど、今日の積み重ねがきっと「世界」を「平和」にするか「破滅」にするか、
を決める。

「今日、なに買った?」
「今日、なにした?」

そんなちっちゃな砂粒みたいなひとりひとりの行動がすべてをそうさせている。

だから、砂粒を甘く見てはいけない。

のんびりしている暇はないかもしれない。もうそんなところまで状況は悪化している。
でも、ひとりひとりがひとつひとつ。一歩一歩大地を踏みしめ感じるように。

小さな波は次第にゆっくりと大きなうねりに変わる。

ざぶ〜〜ん///

明確なビジョン

みんなで描きたい。

平和な世界

みんなで祈りたい。

愛溢れる世界

みんなでつくりたい。

小川諒はそう思います。

さて、みなさんはどう思いますか?

以上。

(最後にもう一枚☆)
sora