ΔΙΟ© Ryo Ogawa

Skip to content

自(地×)ビールのススメ

今日はまさるさんからトウモロコシを2本もらいました。
みなさんこんにちは、今日の管理人小川諒です。

自(地×)ビールのススメ

さて、今日のタイトルは自ビールのススメです。

n-BEER-DAY-large570

夏、ビールの季節がやってきました。晩酌に1日最低1本は飲みたいものですね。
しかし、消費税増税後ビールの値段は上がりました。今や、500mlの缶が大体300円ぐらいですかね?!

毎日飲むとしたら、300円×30日×12ヶ月=10,8000円
なんと!!!大金でしょう!!!?

ぼくは思いました。
「はて、ビールは一生買い続けなくてはいけないのか?自分でつくれないのか・・・」
と思い検索してみる・・・

スクリーンショット 2014-07-14 14.06.59

なんと!!!!!

スクリーンショット 2014-07-14 14.07.57

なんとおおおお!!!!つくれるではありませんか!

そうです、ビールはだれでも自宅で作れるんです。

(詳しくはこのサイトをみてください。ココ

2ヶ月ほど前早速購入し、作ってみました。
全体の行程としては然程面倒ではありませんでした。

水にキット缶と砂糖、そしてビール酵母をふりかけ、3日間放置した後、瓶に砂糖をちょっといれ、放置した液体をそそぎ、栓をして、2週間放置。→完成!!!

むっちゃ簡単やんけー。

しかし!

みなさん、ご存知でしょうか?お酒は自作したら違法になります。
アルコール度数1%以上の醸造が発覚した場合、逮捕されます。
免許をとるにも、年間6万リットル以上つくらないといけません。(先にその分の酒税を払います。)
あほか!6万リットルっつったら350ml缶で171,429本です。自家消費の場合、1日470本飲む計算です。
アルコール中毒どころの騒ぎではありません。もはや拷問に近いノルマです。

これが既得損益ってやつです。キリンやアサヒなどをがっちり守るんです。

従って、この記事においても、「ビールは作れますが、1%以下でないといけません!」と言わざるを得ません。

ちなみにアルコール度数は、砂糖とエール缶と水の比率によって1%〜6%ぐらいまで操作できます。
ので、そこは自己責任のもと一番好きな度数で作るのをお勧めします。(こーゆーこと言うの面倒クセ。笑)

とにかく、ビール(1%以下w)を自作すれば、ビールの値段は1/3以下になります。

100,000円が約30,000円です。約70,000円浮きます。70,000円分稼ぐために時間を使わなくていいということも言えます。
しかも、値段が安くなるばかりではありあません。

その味は本当においしいです。
酵母がそのまま生きている状態で飲むことが出来ます。みんなだ大好きなオクトーバーフェストで飲むあのおいしいドイツの
ヴァイスビアー(白ビール)に近いかもしれません。

これは!!!今すぐ買わなくては!!!

酒税なんてゆー貧乏人を苦しめるシステムから、笑顔で脱却しましょう。

あ、もちろん1%以下のビールでね!笑

以上。