ΔΙΟ© Ryo Ogawa

Skip to content

丸い金属と重たい紙について

どうか、ぼくにあなたの貴重な10分という時間を下さい。今日はちょっと長いですが、是非読んで頂きたいです。
みなさんこんにちは、今日も管理人おがわりょうです。
今読み進めている、「パパラギ」という本があります。

Papalagi

「パパラギ」とは、白い人、見知らぬ人のこと。
南海地方の人は白人の事をそのように呼び、その言葉の中には彼ら(白人、文明人)への軽蔑・反発が強く込められているといいます。サモア島に住む酋長ツイアビが、そんなパパラギの文明に触れ、
その時の驚きを語った演説集がこの本の内容です。一言で言うと”文明批判”になるのかな?

images

昨晩読んだ一説にとても感銘を受けたので、紹介したいと思います。

丸い金属と重たい紙について

(引用:2014/7/16 立風書房「パパラギ」P36~P47 一部中略)

賢い兄弟たちよ、信仰の心をもって耳傾け、お前たちが白人の持つ様な悪意を持たず、白人が怖れることを怖れずにいるのは幸せだと思わねばならない。

お前たちも、あの宣教師の言葉をはっきりと覚えているだろう。
「神は愛である。ひとりのその救世主が常に愛そのものであるという善をなしたもうた。
だからこそ白人の崇拝は、大いなる神にのみ向けられる」
と。

宣教師は私たちにをつき、私たちをあざむいた。
パパラギが宣教師を買収し、大いなる心の言葉を借りて私たちをだましたのだ。

丸い金属と重たい紙、彼らがお金と呼んでいる、これが白人たちの本当の神様だ。

ChangeCongress-FollowTheMoney696

愛の神について、ヨーロッパ人に話してみるがよい。
顔をしかめて苦笑いするだけだ。
考え方が子どもじみていると言って笑うのだ。

ところが、ぴかぴか光る丸い形の金属か、大きい重たい紙を渡してみるがよい。
とたんに目は輝き、唇からはたっぷりよだれが垂れる。
お金が彼の愛であり、お金こそ彼の神様である。

(中略)

お金のために、喜びを捧げてしまった人がたくさんいる。
笑いも、名誉も、良心も、幸せも、それどころか妻や子までもお金のために捧げてしまった人がたくさんいる。
ほとんどすべての人が、そのために自分の健康さえ捧げている。

(中略)

お金だけがパパラギの本当の神様だ。

そう、私たちがいと高きものとあがめる神が、金なのだ。

だが、お前たちのだれも、白人の国ではお金なしには生きてゆけない。
日の出から日の入りまでほんの一日も。金がなければ、とても。お金がなければ、飢えも渇きもしずめることはできない。
夜になってもむしろもない。

お金がないというだけで、お前はファーレ・ブイブイ(刑務所・牢屋)に入れられられてしまうし、
束になった紙(新聞)にも名前を出されてしまう。

Land-for-Sale

歩いている地面のために、お前の小屋が立っている土地のために、夜寝るむしろのために、
小屋を明るくする光りのために、お前は払う、つまりお金を渡さねばならない。
一羽の鳩を射つのにも、川で体を洗うのにも。
みんなが歌ったり、踊ったりする楽しみの場所へ行こうとしても、兄弟に何か相談に行こうとしても、
お前はたくさんの丸い金属や重たい紙を渡さなければならない。何をするのにもお金を払わねばならぬ。

(中略)

Pregnant-women-wait-for-their-turn-to-undergo-a-Cesarean-section-c-section-procedure-at-the-Santa-Ana-public-maternity-hospital-in-Caracas-Oct.-19-2011.-Carlos-Garcia-RawlinsReuters-960x640

そう、お前は誕生の時にさえお金を払わねばならず、お前が死ぬ時も、ただ死んだというだけで、お前のアイガ(家族)はお金を払わねばならぬ。
体を大地に埋めるにも、思い出のためにお前の墓の上にころがす大きな石にも、お金がかかる。

(中略)

ヨーロッパでは、お金がないのは頭がないのと同じ。
手足がないのと同じ、何もないのと同じ。

お前はお金を持たなければならぬ。
お金は、食べることや、飲むことや、眠ることと同様に大切である。
お金をたくさん持っていればいるほど、お前はいい暮らしができる。

お金があれば、たばこも、腕環も、きれいな腰布も手に入る。
お金があればあるほど、たくさんのたばこや指環や腰布が手に入る。お金があればあるほど、よけいに手に入れられる。

だれでも、よけいに物を手に入れたがる。だから誰でも、よけいにお金を持ちたがる。
他の人よりもよけいにお金を持ちたがる。だからお金に恋いこがれ、いつでもお金に目をこらしている。

(中略)

お金はどこから来るのか。どうすればお前は、たくさんのお金をもらえるか。
いろんな仕方がある。やさしいものからむずかしいものまで。

兄弟の髪を切ってやるとか、小屋の前のゴミを運んでやこるとか、海でカヌーを漕ぐとか、うまい計画を見つけるとか、
もちろん公平であるために、このことははっきり言っておかねばならない。
つまり、何をするにも重たい紙と丸い金属が必要だが、何をしてもまたあっさりと、お金がもらえるということだ。

何かすればよい。それをヨーロッパでは「労働」という。
「働け、そうすればお金になる」というのが、ヨーロッパのひとつの掟である。

この掟には、ある大きな不公平がある。
そのことについてパパラギはじゅうぶん考えていないし、考えてみようとも思っていない。
考えれば、その不公平を認めねばならないからだ。

お金をたくさん持っている人が、必ずしもたくさん働くわけではない、ということ。
(もちろん、だれもが働かずにお金をたくさん持ちたがっている。)

(中略)

Lazy-Men

こうなるとこの舟作りに、むしろの上に寝ころんで、ヨーロッパ・カバ酒を飲み、キセルをくゆらせながら、でき上がりの舟を引き渡し、他人が彼のために働いてもうけてやった丸い金属、重たい紙を、自分のところに持ってこさせる他、まったく何もしなくなる。

そこで人々は、この人のことを「お金持ち」と呼ぶ。

みんなは彼をうらやみ、お愛想たっぷり、響きのよいお世辞を述べたてる。
つまり、白人の世界でひとりの人間の重さを測るのは、気高さでもなく、勇気でもなく、心の輝きでもなくて、一日にどのくらいたくさんのお金を作ることができるか、どのくらいたくさんのお金を、地震があってもびくともしない、がんじょうな鉄の箱の中にしまっているかなのである。

他の人に稼いでもらったお金をためている白人が、たくさんいる。
彼らはその金を、しっかりと守られたひとつの場所へ運んでゆく。
ますますたくさん運んでゆく。

するとある日、自分のために働いてくれる人はひとりもいらなくなる。
というのは、お金そのものが、彼らのために働いてくれるのだ。
魔法でもないのにどうしてそんなことができるのか、私にはどうしてもわからない。けれども、本当にそうなのだ。

(中略)

お前がもし、この人に尋ねるとする。
「そんなにたくさんのお金をどうするんです?着たり、飢えや渇きを鎮めるほか、この世であなたに何ができますか?」
答えは何もない。

あるいは彼は言うかもしれぬ。
「もっとお金が欲しい。もっともっと、もっとたくさん・・・・」
やがてお前にも解るだろう、お金が彼を病気にしたことが。
彼はお金にとり憑かれていることが。彼は患(わずら)い、とり憑かれている。

dollarbill

だから心は丸い金属と重たい紙に執着し、決して満足せず、できる限りたくさん強奪しようとして飽くことがない。
「私はこの世に来た時と同じように、不平も不正もなく、またこの世から出てゆきたい。
大いなる心は私たちを、丸い金属、重たい紙なしに、この世に送ってくださったのだから。」

などとは、彼は考えることができない。

(中略)

みんなが同じようにたくさんお金を持ち、みんなが同じ時に日なたぼっこをする、いや、そういうことは有り得ないと、パバラギは信じているこの信念のためパパラギは、お金のために残酷になるのは正しい事だと考えるようになる。

その手がお金をつかもうとするとき、彼の心は固くなり、血は冷たくなる。
あざむき、いつわり、いつも不正直で、危険である。

お金のために、何とたくさんのパパラギが、他のパパラギになぐり殺されたことだろう。
そうかと思えば、他人のお金を残らず奪い取るために、毒を隠した言葉で相手を殺したり、相手を気絶させたりする。

we-have-money-for-war-but-not-for-the-poor-tupac-shakur

お互いこのとんでもない弱味が解っているから、人はめったに他人を信じない。

お金をたくさん持っている人が、心の善い人かどうか、お前には決して解らない。
ひどく悪い奴だということも大いにあり得る事だから。どうして、どこから、お金を取ってきたのかは、解ったものではない。
だからお金持ちもまた、解らずにいる。

自分に捧げられる世間の尊敬が、自分自身に向けられたものか、それとも彼のお金に向けられたものか。
それはもちろん、ほとんどお金にだ。

それゆえ私には、丸い金属と重たい紙をあまり持っていない人々が、なぜ、そんな自分のことを恥ずかしがり、
お金持をうらやむのか、その理由がわからない。
むしろ逆に、自分たちこそうらやましがられてもおかしくないではないか。

なぜなら、とても重たい貝の鎖を掛けているからといって、立派などころか、無作法なだけである。
お金を山ほどかかえていても同じではないか。息をするのも大変で、手足の自由が無くなるだけだ。

とはいうものの、パパラギの誰ひとり、お金をあきらめたものはない。だれひとり。
お金を欲しがらない人は、ファレア(馬鹿)といって笑われる。

「富―お金をたくさん持っていること―は、幸福のもと」とパパラギは言う。
そしてまた「たくさん富を持つ国、それはもっとも幸せな国である」とも。

お前たち、明敏なわが兄弟よ、私たちはみな貧しい。
太陽の下、私たちの国ほど貧しい国はない。
私たちのところには、箱に一杯の丸い金属も無ければ重たい紙も無い。

パパラギの考えから言えば、私たちはみじめな物乞いなのだ。
だがしかし!
お前たちの目を見、それを金持のアリイ(紳士・男)の目と比べるなら、
彼らの目はかすみ、しぼみ、疲れているが、お前たちの目は大いなる光りのように輝いている。
喜びに、力に、いのちに、そして健康にあふれ、輝いている。

お前たちの目は、パパラギの国では子どもだけしか持っていない。
言葉も話せない、それゆえお金のことは、まだ何も知らない子どもだけしか。

大いなる心は、私たちをアイツウ(悪魔)から守ることによって、私たちを愛してくださった。
お金がアイツウ(悪魔)である。
その仕業はすべて悪であり、悪を生む。

10_satan

お金にさわったものは、その魔力のとりことなり、それを欲しがるものは、生きている限り、
その力も全ての喜びもお金のために捧げねばならない。

もてなしをしたからといって何かを要求したり、何かをしてやったからといってアローファ(贈り物・交換品)を欲しがるような人間を、私たちほ軽蔑する。
という尊いならわしを、私たちは大切にしよう。

(中略)

お金で人は楽しくなったり、幸せになったりすることはない。
それどころか、人の心を、人間のすべてを、悪しきいざこざの中へ引き込んでしまうということを。

そしてお金は、ひとりの人間も本当に救うことはできない。
ひとりの人間も、楽しく、強く、幸せにすることはできないのだということを。

お前たちが、お前たちのつつましい兄弟の言葉を信じ、私の言うことを解ってくれるなら、お前たちはあの丸い金属と重たい紙を、もっとも凶悪な敵として憎むようになるだろう。

(引用終了)

だそうです。
みなさん、いかがでしょうか?

感想:ver.Ryo

とてもストレートにマネーシステムを批判した最もな文章という印象を受けました。
そりゃ、今いる環境下ではお金がないと生きていけませんよ。

でも、いつも思うことがあります。

それは、腹が減ってもお金は食べられないということ。

Eat-Money-copy

そう、1億円のお金があっても、それはただも紙切れだということ。国家破綻(?)したらただの紙切れだということ。
その価値たるやちり紙以下、鼻だってかめやしない。

「この紙切れにはモノが買える価値がありますよ〜」と認定している先が
「やっぱ!もうそれは価値がなくなりました!ゴミ同然です!」と言ったら、本当にそうなるんだから。

嘘じゃないよ、夢じゃないよ、別の国の話じゃないよ。ここ、日本でも起るかもしれないんだよ。
この国の借金の額調べてみなよ。グーグル先生に聞けば教えてくれるんだから。

もっとあたらしい形だってあるんだよ。

たとえば、これとかね。

「【動画】「金なんていらねぇ!」欧米で話題の、スキル交換をする新しい経済システム」

これはあくまで一例だし、完全な代替案にはならないと思うけど、
お金に依存しすぎないという点においてはとてもいいシステムだと思う。

これ、来年から金谷での活動にも取入れようかな〜♩♩♩と企み中。

ここまで読んでくださったおにーさん、おねーさん、おじーちゃん、おばーちゃん、
どうもありがとう。

以上